自然光からストロボ光まで徹底的に勉強していきます

サーチコンソールとブログを紐づけする手順!1記事目を書く前に必ずやること

ブログを立ち上げて、wordpressの設定も終わったので、さぁ記事を書こうと思ったあなた。

その前に重要なサーチコンソールとブログの紐づけ作業があります。

これをしないと記事を作成したところでgoogleに知ってもらう事ができない(googleの図書館に記事を置いてもらえない)うえに、読者があなたのブログにどうやって流入してくるのか解析もできません。

そこで今回は、サーチコンソールとあなたのブログの紐づけ手順をお伝えしたいと思います。

サーチコンソールとあなたのブログを紐づける事で、今後あなたが作成する記事をgoogleの中においてもらえるようになります。
逆にそれをしないとせっかく作成した記事が永遠と日の目を浴びる事はありません。
※尚、この記事内では契約しているサーバーがエックスサーバーであることを前提としていますが、流れとしては変わらないと思いますので参考にしてみてください。

サーチコンソールとブログを紐づけする手順

まずは作業の流れをご説明します。

ステップは大きく分けて4つです。

  1. サーチコンソールのメニューからプロパティを追加
  2. プロパティタイプを選択し、ドメインを入力
  3. 発行されるTXTレコードをサーバーのDNSレコード設定に追加
  4. サーチコンソールで所有権を確認し、終了

まだサーチコンソールを導入したことがないという方は、サーチコンソールで検索をしてgoogleアカウントでログインしておきましょう。

その場合は『手順その2』から進めてください。

手順その1.サーチコンソールのメニューからプロパティを追加

サーチコンソールを開きましょう。

左上にプルダウンできるところがあるのでそれを押すと、すでに紐づけしてあるブログのドメインがずらりと並んでいると思います。

その一番下の『+プロパティを追加』をクリックします。

手順その2.プロパティタイプを選択し、ドメイン入力

すると、プロパティタイプの選択と出ますが、慣れてないと『ドメイン』と『URLプレフィックス』のどちらを選択したらいいか分からないと思います。

初心者の方はほぼ、『ドメイン』で問題ないので最初のうちは意識せずにそちらを選択し、『https://』以降のドメインを入力して『続行』をクリックしましょう。

するとまたもや訳の分からない文言が出てきます。

DNSレコードでのドメイン所有権の確認』と言われたもチンプンですよね。

気にせずにTXTレコードを『コピー』します。

手順その3.発行されるTXTレコードをサーバーのDNSレコード設定に追加

コピーしたTXTレコードをエックスサーバーのDNSレコード設定に追加します。

この記事を見ている方はエックスサーバーを契約されている方が多いと思うので、それを前提に説明します。

サーバーパネル』から『DNSレコード設定』をクリックします。

DNSレコード追加』を押して、種別は『THT』、内容に先ほど『コピーしたDNSレコード』を貼り付けて『確認画面へ進む』をクリックします。

以下の内容を確認して『追加する』をクリック。

サーチコンソールに反映されるまで時間がかかるので5分ほど待ちましょう。

手順その4.サーチコンソールで所有権を確認し、終了

サーチコンソールの『DNSレコードでのドメイン所有権の確認』に戻り、『確認』を押します。

うまく反映されていれば以下の表示になりますので終了です。

ならなければもうしばらく待ちましょう。

まとめ

以上でサーチコンソールへのブログの紐づけは完了です。

今後記事を作成したらサーチコンソールで記事URLを送信して、googleに知らせてあげましょう。

同時にxmlサイトマップの送信も必要なので設定しましょう。

関連記事

サイトマップって記事の場所が一目で分かるようになってるやつ? それhtmlサイトマップでしょ? それ以外にサイトマップあるの? サイトマップはサイトマップでも、今回テーマにするのは『xmlサイトマップ』です。 htm[…]